宮崎県林業研究グループ連絡協議会

宮崎県林業研究グループ連絡協議会

児湯地区林業研究グループ連絡協議会

西米良村林業グループ連絡協議会

西米良村の概要

西米良村は、宮崎県中西部に位置し、熊本県湯前町に隣接した人口、約1,300人の村です。村内には、九州中央山地国定公園に指定されている名峰市房山や石堂山、また、日向灘にそそぐ清流一ツ瀬川など豊かな自然に囲まれ、全国の登山 愛好家や渓流釣りを楽しむ方々に親しまれています。多雨地帯の本村は、樹木の生育に適した県内有数の林業地帯であり、林野面積は、26,000ヘクタール、林野 率96%で県下市町村の中で面積規模は第3位にあります。林野面積のうち民有林が25,578ヘクタールを占め、うち人工林は12,559ヘクタールで人工林率は 49.1%となっています。
さくら紅葉

所在地

かぐら宮崎県児湯郡西米良村大字村所136-1
児湯広域森林組合 西米良支所内
電話 0983-36-1311
FAX 0983-36-1313
E-mail:hiro@koyuforest.or.jp

代表者

代表者 土持 光浩

グループの紹介

  1. グループの取り組み
    • 毎年村内外で開催されるイベントに参加・出展し、林業コーナーを設けて森林林業のPRを行うとともに、グループによる即売会を実施するなどの活動を行っています。
      中学生との森林林業教室中学生との森林林業教室
    • 「林研の森」の保育管理
      平成10年より、村有林0.7ヘクタールを借り受けて、長伐期施業を目標とした新たな林業経営の確立に向け、試験研究に取り組んでいます。下刈・枝打ち・除伐などの保育管理を行っています。
      林研の森林研の森林研の森
    • 都市と山村との交流促進
      平成13年度より、「クヌギの利用法研究」に取り組み、平成14年度にグループの炭窯を作成。現在は木炭生産活動を主に、商品化に向けた取り組みを行って います。また、グループと林業について、幅広く知ってもらうために都市住民の方々と林業を通じた交流会も開催しています。
      クヌギ切り出し・釜入れ写真クヌギ切り出し・釜入れ写真火入れ・釜出しの写真
  2. 今後の活動計画

    木炭生産活動を随時に行い、これらの商品化を進めていくとともに、林業等の体験交流事業を展開しPR活動を積極的に行っていきたいと考えています。

  3. 会員数

    男24名(平均年齢40才)

  4. グループの結成

    昭和37年 村内8地区に単位林研グループを結成
    昭和62年 林業研究グループ結成(8グループを統合)
    平成2年 林業研究グループと森林組合青年部を統合して、西米良村林業グループ連絡協議会を結成

宮崎県林業研究グループ連絡協議会
宮崎市橘通東2丁目10番1号 宮崎県環境森林部山村・木材振興課内
TEL:0985-26-7166 FAX:0985-28-6199