宮崎県林業研究グループ連絡協議会

宮崎県林業研究グループ連絡協議会

椎葉地区林業研究グループ連絡協議会

所在地

東臼杵郡椎葉村大字下福良1747-10
宮崎県東臼杵農林振興局 椎葉駐在所内
電話 0982-67-2047

代表者

会長  椎葉 治敏

組織

 本協議会は、椎葉村内に存在する8単位グループの代表者(男性7、女性1)を集め、椎葉村林業研究グループ会員の専門的活広域的な活動を促進することを目的として設置されています。主な内容として育林経営分野、特用林産分野ごとに協議会を催しています。
 育林経営部会では、椎葉村内の育林経営についての検討会や研修会を実施し、特用林産部会では都市部への特用林産物販売や各種イベントで積極的な販売を実施することにより、林業技術及び会員の所得向上に努めています。また、村内の小中学生を対象に森林教室を行い、後継者の育成を図っています。

構成グループ 会員数
椎葉村林業研究グループ 31 - 31
椎葉村女性林研グループ(レモングラス) - 21 21
31 21 52

グループの紹介

  1. 椎葉村林業研究グループ

    昭和57年7月、後継者の育成と山村活性化並びに林業経営の安定化を目的として、椎葉村林業研究グループ(椎葉村林業部会)が発足した伝統ある林研グループです。活動としては、長伐期施業の推進、森林の持つ多様な機能や大切さを村内外にアピールし、未来にむけた森林づくりに取り組んでいます。会員は、現在は7単位グループ(尾向、松尾、不土野、小崎、鹿野遊仲塔、上椎葉、栂尾)31名おり、内訳は農林業生産者を中心に、建設業・公務員・団体職員などさまざまな職種の人たちで構成しています。

  2. 椎葉村女性林研グループ「レモングラス」

     平成8年7月、女性林研グループ「レモングラス」が発足しました。「山村のよさと豊かさ」を再認識し、楽しい仲間づくりをしようという考えのもと、手始めにハーブの研究に取り組みグループ名もそのハーブの一種から取りました。
     ハーブを使った特産品の開発や地元の山菜等で新しい料理の開発に取り組んでいます。現在21名の会員が在籍しており、男性よりもいろいろな活動に積極的、パワフルに取り組んでいます。

関連サイト

宮崎県林業研究グループ連絡協議会
宮崎市橘通東2丁目10番1号 宮崎県環境森林部森林経営課内
TEL:0985-26-7154 FAX:0985-27-0987